英国DSIT、Rakuten Symphony社のOpen RAN技術をUK Telecoms Labに導入

  • URLをコピーしました!

英国の科学技術省(DSIT)は、Rakuten SymphonyのOpen RAN技術を西ミッドランズのUK Telecoms Lab(UKTL)に導入することを発表しました。これは英国の5G通信市場の多様化と通信セクターの安全性およびレジリエンスの向上を目指した取り組みの一環です。発表はMWCバルセロナ2024で行われました。Rakuten Symphonyは、5Gのスタンドアロンおよび非スタンドアロンRANソフトウェア、クラウドネイティブソフトウェアプラットフォーム、RAN管理ソリューションなどを提供します。UKTLは、英国政府が8000万ポンドを投資した最先端施設で、通信システムのレジリエンスとセキュリティを評価するためのテストと評価機能を提供しています。この取り組みは、英国のテレコムネットワークの多様化を促進し、国家安全保障と経済成長を支える新技術の開発を加速させるものです。

参照元:2024/07/11 「UK DSIT Selects Rakuten Symphony Open RAN Solutions for UK Telecoms Lab Deployment | Newsroom | Rakuten Symphony」 https://symphony.rakuten.com/newsroom/uk-dsit-selects-rakuten-symphony-open-ran-solutions-for-uk-telecoms-lab-deployment

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)