5G SAスライシングで全国高校野球選手権大会の中継技術実証に成功

  • URLをコピーしました!

KDDIは、朝日放送テレビとソニー、ソニーマーケティングと共同で、2023年8月6日から開催された第105回全国高校野球選手権記念大会で、5G SA(スタンドアローン)の商用ネットワークを使用して、野球中継の番組制作の実証試験を成功させました。この実証試験で伝送された映像は、地上波放送、BS4K放送、そしてバーチャル高校野球の中継で使用されました。

本実証では、ソニーのHEVCコーデックを使用した低遅延トランスミッターの試作機、5G対応スマートフォン、カメラを組み合わせて、5G SA商用ネットワークを使用してカメラの映像とリターン信号のライブ映像伝送とカメラ制御を行いました。この結果、混雑したスタジアムや真夏の暑い環境でも、低遅延で安定した映像と音声の伝送が可能であることが確認されました。

この技術により、映像制作の幅が広がり、さまざまなスポーツ映像制作や中継技術の進化が期待されます。

参照元:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2023/09/13/6956.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA