楽天シンフォニー、オープンRANラボでRICを用いた多ベンダー接続の成功を発表

  • URLをコピーしました!

楽天シンフォニーは、楽天モバイルのテスト環境でRANインテリジェントコントローラー(RIC)を用いた多ベンダー接続の成功を発表しました。

楽天モバイルは、2023年2月から情報通信研究機構(NICT)の委託プロジェクトの一環として、「5Gを超える先進的なRANインフラを実現するためのオープンRAN無線通信技術の研究開発」に取り組んできました。この研究の成果と楽天モバイルのクラウドネイティブネットワークの利点を活用し、楽天シンフォニーは、RICが4GオープンRANネットワークでも全体的なネットワークの消費電力を削減し、RAN効率を管理するために使用できることを示しました。

このデモでは、RICアプリケーションからの指示に基づいて複数のベンダーが組み込まれたOpen RANをインテリジェントに制御できることが確認されました。また、ネットワークをトラフィック条件などに応じて最適化することで、Open RANのパフォーマンスを向上させ、より効率的で省エネルギーのネットワーク運用を可能にすることも確認されました。

楽天シンフォニーは、多様なベンダーで構築されたOpen RANエコシステムの創出を促進し、通信業界に最先端のソリューションを提供し続ける予定です。

参照元:2024/02/26 「Rakuten Symphony Successfully Demonstrates Multi-vendor Connectivity using RIC in Open RAN Lab | Newsroom | Rakuten Symphony」 https://symphony.rakuten.com/newsroom/rakuten-symphony-demonstrates-ric

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA