OPPO、2023年開発者会議で新技術とAIエージェントを発表

  • URLをコピーしました!

スマートデバイスブランドOPPOは、2023年11月に「2023 OPPO Developers Conference(ODC23)」を開催しました。この会議で、クロスプラットフォーム・スマートシステム「Pantanal」のアップグレード版、ColorOS 14、そして自己学習型大規模言語モデルのオンデバイスAI「AndesGPT」が発表されました。

新たに発表されたColorOS 14は、OPPOが開発したPantanalのアップグレード版と、自己学習型大規模言語モデルAndesGPTを搭載しています。これにより、新しいインテリジェントなインタラクティブ体験をユーザーに提供します。

また、OPPOは自己学習型大規模言語モデル「AndesGPT」を正式に発表しました。このモデルは対話の強化、パーソナライゼーション、クラウドとデバイスの連携という3つの大きな特長を持っています。

さらに、OPPOは中国内外45以上の主要機関とAI関連の提携しており、今後は世界中の開発者向けにAIエージェントのオープンプラットフォームを立ち上げる予定です。

OPPOはソフトウェア、ハードウェア、サービスの統合を強化し、32万人の開発者と75万人のクリエイターと協力して世界6億人のOPPOユーザーにより良いサービスを提供していきます。そして、アプリケーションサービス、コンテンツサービス、Go-Globalサービスの構築を続け、サービスエコシステムの構築にも力を入れます。

参照元:2024/02/19 「2023年、OPPOデベロッパーズカンファレンス(開発者会議) | オッポ」 https://www.oppo.com/jp/newsroom/stories/oppo-developers-con/

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA