Amazon Project Kuiper、軌道上での衛星制御技術を実証

  • URLをコピーしました!

Amazonは、宇宙プロジェクト「Kuiper」において、2023年11月に重要な進展を達成しました。同プロジェクトは、独自に開発した推進システムを用いて、宇宙での衛星の安全かつ制御された操縦を実証し、宇宙の安全性と持続可能性の向上を目指しています。

この成果は、Amazonの内製チームによって設計・製造されたカスタムのホール効果スラスターと、ミッションに必要なクリプトン推進剤を搭載したタンクを使用して達成されました。直近行われた一連のテスト発射では、衛星設計の検証に必要な軌道上データが収集され、予想された設計要件に沿った正常な結果が得られました。

この技術的成果は、Amazonにとってのみならず、より安全で持続可能な軌道環境の実現を目指す宇宙コミュニティ全体にとっても重要な意味を持ちます。これにより、Amazonの推進システムが、衛星を打ち上げ後の割り当てられた軌道に上げ、その軌道での位置を維持し、宇宙デブリや他の宇宙船を避けるために機動し、ミッション終了時に能動的に軌道を離れるための性能と容量を備えていることが証明されました。

Project Kuiperのプロトタイプ衛星は2023年10月6日に低地球軌道に投入され、地球から約590kmから630kmの高度で運用される予定です。この低高度運用により、接続サービスの速度と性能が向上し、各ミッションの終了時により安全で信頼性の高い脱軌道が可能になります。

参照元:Amazon’s Project Kuiper

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA