KDDI、シスコ、富士通、電力使用量を約40%削減した通信網の本運用を開始

  • URLをコピーしました!

KDDI株式会社は、シスコシステムズ合同会社、富士通株式会社と共同で、電力使用量を約40%削減した通信網の本運用を2023年10月1日に開始しました。この通信網は、IPレイヤーと光伝送レイヤーを融合したメトロネットワークであり、従来の構成と比べて機器数の削減に成功しています。

この新しいネットワーク構成は、シスコ製ルーター「NCS5500」シリーズと富士通製Open Line System「1FINITY」シリーズを使用して実現されています。これにより、ルーターとWDM用トランスポンダを接続する従来の構成に比べ、電力使用量を大幅に削減することが可能となりました。

また、容量拡張が容易であるため、通信トラフィックの増大に迅速に対応できるという利点もあります。KDDIは、2028年度末までにこのメトロネットワークを全国展開する計画です。

この取り組みは、5Gサービスの全国展開と通信量の増大に伴う電力量の増加に対応するために重要です。KDDIは、2030年度までにCO2排出実質ゼロを目指しており、消費電力の低減が求められています。

シスコと富士通も、それぞれの技術を活用して、サステナブルな社会の実現に貢献していく方針です。

参照元:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2023/10/31/7045.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA