ドコモ、全国 2,000 か所以上・鉄道動線で通信品質改善の取り組みを強化

  • URLをコピーしました!

株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、スマートフォンの利用増加やSNS・動画視聴の普及に伴い、データトラヒックの増大が進行中であることを受け、通信品質の改善に向けた取り組みを継続していることを発表しました。

具体的には、全国2,000か所以上のエリアや鉄道動線において、通信品質改善のための集中対策を実施中です。この取り組みには、300億円の先行投資が行われ、早期の完了を目指しています。

また、都内4エリア(新宿、渋谷、池袋、新橋)における通信品質改善の状況も公表されており、各エリアでの取り組みや通信品質の評価が明示されています。

参照元:https://www.docomo.ne.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_231010_00.pdf

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA