楽天シンフォニーのジェフ・ホリングワース氏「Open RANの採用を後押しする主な要因は自動化」

  • URLをコピーしました!

2023年10月4日、Bloomberg Intelligenceのウェビナーにて、楽天シンフォニーの最高マーケティング責任者、ジェフ・ホリングワース氏が、Open RANの可能性についての洞察を明らかにしました。

ホリングワース氏は、Open RANがネットワークの展開と運用のカスタマイズを向上させる手段としての実績がある一方で、そのコストを大幅に削減する潜在能力を運用者が十分に活用していないと指摘。

彼は「自動化と運用の観点がOpen RANを採用する主な要因であり、これはハイパースケーラーやインターネット企業の動向と一致している」と強調しました。

楽天モバイルのネットワーク成功は、グローバルな標準を築いていて、現在35万以上の基地局を効率的に管理・運用しています。

さらに、楽天モバイルのOpen RANの採用は、生産コストの大幅な削減を実現し、日本の消費者は通信費を大幅に節約できるようになったとホリングワース氏は述べています。

参照元:https://symphony.rakuten.com/blog/automation-the-driving-force-for-open-ran-adoption-as-it-nears-inflection-point-rakuten-symphony-cmo

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA