JTOWERとドコモ、既存通信鉄塔 最大1,552基をインフラシェアリングへ活用

  • URLをコピーしました!

株式会社JTOWERと株式会社NTTドコモは、既存の通信鉄塔をインフラシェアリングで活用するため、ドコモが保有する通信鉄塔最大1,552基を最大170億円でJTOWERに譲渡する基本契約を締結しました。

JTOWERとドコモは、2022年3月にもドコモが保有する通信鉄塔最大6,002基をJTOWERに譲渡する基本契約を締結しており、これによりより広範なエリアでのインフラシェアリングが可能となります。

JTOWERは、通信事業者が保有する既存の通信鉄塔の買取とシェアリング促進を成長戦略の一環として位置づけ、ドコモは5Gネットワークの効率的な構築を目指しています。

参照元:NTTドコモプレスリリース

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA