Apple、サプライヤークリーンエネルギーの取り組みを前進

  • URLをコピーしました!

Appleは、自社のグローバルサプライチェーンの脱炭素化をさらに進めています。現在、300社以上のメーカーが2030年までにApple製品の製造に100%クリーンエネルギーを使用することを確約しています。この取り組みは、米国、ヨーロッパ、アジアの50社以上のサプライヤーが新たに参加し、Appleのサプライヤークリーンエネルギープログラムの拡大を後押ししています。

Appleの環境およびサプライチェーンイノベーション担当バイスプレジデント、サラ・チャンドラーは、気候変動の影響を受ける中で、Appleとサプライヤーがカーボンニュートラルな未来を目指して行動を起こしていることを強調しています。

Appleは、サプライヤーとの連携を強化し、製造プロセスの炭素排出を削減するための取り組みを続けています。この取り組みは、Appleの製品全体をカーボンニュートラルにする目標に一歩近づけています。

参照元:Apple Newsroom

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA