兵庫県の養父市、吉本興業およびソフトバンクが「Web3の活用に係る取組に関する連携協定」を締結

  • URLをコピーしました!

兵庫県の養父市、吉本興業株式会社およびソフトバンク株式会社は、養父市でのWeb3の活用を推進するため、「Web3の活用に係る取組に関する連携協定」を2023年9月8日に締結しました。

この協定の第1弾として、養父市は吉本興業およびソフトバンクと連携し、ソフトバンクの2Dメタバースプラットフォーム「ZEP」を活用して、「バーチャルやぶ in ZEP」というメタバース(仮想空間)を開設しました。このメタバースは、市の魅力の発信や市民の交流の拠点として機能します。

養父市は、美しい自然に囲まれた地域で、「国家戦略特区」の指定を受けて、規制改革や税制の優遇を活用しながら、先端技術を取り入れた取り組みを進めています。吉本興業は、地域活性化の取り組みを推進しており、ソフトバンクはICTを活用して地域社会の課題解決を目指しています。

この3者の連携により、地域活性化や市民サービスの向上、デジタルトランスフォーメーションの推進など、さまざまな取り組みが進められる予定です。

参照元:ソフトバンク公式サイト

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA