自治体向け「修繕計画策定支援サービス」開始、デジタル基盤で道路の更新費用最適化

  • URLをコピーしました!

NTTドコモは、自治体向けに「劣化予測に基づく修繕計画策定支援サービス」の提供を開始しました。この新サービスは、デジタル基盤を活用して道路の更新費用を最適化することを目指しています。

デジタル基盤の開発により、道路の劣化予測を行い、そのデータをもとに修繕計画を策定することが可能となります。これにより、適切な時期に適切な修繕を行うことで、更新費用を削減し、効率的な運用が期待できます。

このサービスの提供開始は、デジタル化を推進し、より良い社会インフラの維持管理を目指すNTTドコモの取り組みの一環です。さらに、このサービスは、自治体の財政負担を軽減し、地域の生活基盤を守ることにも寄与すると期待されています。

参照元:2024/03/28 「道路の更新費用を最適化するデジタル基盤を開発、自治体向けに「劣化予測に基づく修繕計画策定支援サービス」の提供を開始」 https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/03/28_01.html?cid=CRP_INF_news_release_2024_03_28_01_from_RSS_news_release

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA