zTouch、AI搭載のRICアプリケーションを楽天シンフォニー電気通信プラットフォームに展開

  • URLをコピーしました!

2024年2月28日、zTouch Networksは、楽天シンフォニーと協力して、AIで駆動するrAppsおよびxAppsポートフォリオを楽天シンフォニーのService Management and Orchestration (SMO)とOpen RAN Intelligent Controller (RIC)プラットフォームに統合することを発表しました。zTouch Networksは、ノースイースタン大学のWireless Internet of Things研究所とそのOpen6Gハブから派生した企業で、数年間にわたって米国連邦政府からの研究資金を基にしています。

この協力により、楽天シンフォニーとzTouch Networksは、彼らのネットワーク管理ソリューションをインテリジェントなOpen RANシステムに統合することが可能になります。zTouch Networksが提供するAIプラットフォームは、楽天シンフォニーのRICとSMOプラットフォームの最適化に活用されます。楽天シンフォニーとzTouch Networksは、意図に基づいたオーケストレーション、ゼロタッチユーザーインターフェースのためのLLMs、利益意識のあるトラフィック優先化、エネルギー効率など、Open RAN Visionを完全に解放するためのいくつかの重要な領域で協力します。

zTouch Networksは、セルラーネットワークの展開、監視、制御の方法を簡略化および合理化することにより、オープン、プログラム可能、仮想化した無線システムに対する先進的なサービスとアプリケーションを提供するためのAI駆動の自動化フレームワークを開発しました。この取り組みは、楽天シンフォニーのより広範な目標である、真に自律的なネットワークを作り出すことと合致しています。

楽天シンフォニーとzTouch Networksは、楽天モバイルのネットワークでのエネルギー効率最適化を推進するための特定のセルサイトの使用状況についての洞察を提供することができる、楽天シンフォニーのRIC上のインテリジェントインターフェースを統合します。

zTouch Networksが開発したソリューションは、楽天シンフォニーによる楽天電気通信プラットフォームの一部となります。これは、RICとSMOの世界初の電気通信マーケットプレイスであり、楽天と第三者からのxAppsとrAppsなどのアプリケーションへのアクセスを通じて、サービスプロバイダーのニーズを満たすために設計されています。

参照元:2024/02/29 「zTouch to deploy AI-powered RAN Intelligent Controller applications on Rakuten Symphony Telecom Platform | Newsroom | Rakuten Symphony」 https://symphony.rakuten.com/newsroom/ztouch-to-deploy-ai-powered-ran-intelligent-controller-applications-on-rakuten-symphony-telecom-platform

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA