令和6年の能登半島地震、石川県珠洲市でドローンと360度カメラで被害認定調査

  • URLをコピーしました!

令和6年に発生した能登半島地震において、石川県珠洲市ではドローンや360度カメラを活用した住宅の被害認定調査が行われました。この調査では、現地での直接的な調査だけでなく、遠隔地からも判定や判定支援が可能となりました。これは、応援自治体や事業者の協力により実現したものです。

住宅の被害状況を正確に把握することは、復旧作業や生活再建のために非常に重要な作業となります。ドローンや360度カメラを活用することで、現地を直接訪れることなく、細部まで確認することが可能となり、作業効率化につながります。

また、遠隔地からの判定や判定支援は、災害時における人手不足を補い、より迅速な対応を可能にします。このような技術の活用は、今後の災害対策においても重要な役割を果たすと考えられます。

参照元:2024/02/21 「令和6年能登半島地震における石川県珠洲市でのドローンや360度カメラを活用した住家被害認定調査および応援自治体と事業者による遠隔判定および判定支援の実施」 https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20240221_02.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA