楽天シンフォニーとQucellの5G自動化への取り組み

  • URLをコピーしました!

Qucell Networksの副CEOであるJeff Kim氏が、Qucellと楽天シンフォニーとの革新的なパートナーシップについてコメントを寄せました。

Kim氏は、過去30年間にわたりモバイルネットワーク業界で活動し、革新や企業価値向上の先端を走り続けてきました。特に過去8年間は、スモールセルビジネスを牽引し、楽天との5G技術の共同開発に重要な役割を果たし、Qucell Networksの企業戦略を推進してきました。

Qucell Networksは、’品質’と’接続性’をブランド名’Qucell’にうまく結びつけています。これは、信頼性のある、シームレスな接続への彼らのコミットメントを象徴しています。12年前にInnowireless内のスモールセルイニシアチブとして始まり、2017年にQucell Networksに進化したのは、変革の旅の一環でした。

Qucell Networksと楽天モバイルは2019年にパートナーシップを開始し、QucellはLTEとWi-Fiのスモールセルを提供しました。また、5Gのロールアウトが始まった2022年には、Qucellは5G IDSCと呼ばれるSub-6 5Gスモールセルを楽天モバイルに提供し始めました。

これらのパートナーシップは、5Gネットワークの自動化に焦点を当てており、楽天シンフォニーの仮想CU、CMaaS、OBF自動化チームとの協力により、5Gの全潜在能力を引き出すための自動化の重要性を認識しています。これにより、ネットワークの風景を革新することを目指しています。

参照元:2024/02/07 「Qucell’s Role in Rakuten Symphony’s Automation Journey | small cells | 5G」 https://symphony.rakuten.com/blog/unlocking-5g-potential-qucells-role-in-rakuten-symphonys-automation-journey

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA