NTT東、日本の通信事業者として初めて「Matter」規格団体「CSA」へ加盟

  • URLをコピーしました!

東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、2023年11月2日にスマートホーム分野の世界標準規格である「Matter」を策定するConnectivity Standards Alliance(以下、CSA)に「Participant」会員として加盟したことを発表しました。これは日本の通信事業者としては初の加盟となります。

NTT東日本は、CSAへの加盟を契機に、スマートホーム分野での新たな取り組みを開始します。これには、IoT事業者や集合住宅の建設・管理事業者、住宅向けサービス提供事業者、医療・介護サービス関連事業者など、多岐にわたる企業とのパートナーシップを通じて、便利で快適な生活や健康で安心な暮らしを支える取り組みが含まれます。

また、NTT東日本はNTTe-City Labo内にスマートホームラボを開設予定です。このラボでは、Matterを活用したスマートホームの体験や共同実証・開発が行われ、最新のスマートホーム関連機器の展示・体験コーナーも設けられます。これらの施設を通じて、新たなスマートホームモデルの実現を目指します。

Matterは、IoT機器間の接続を実現する規格で、Wi-Fiなどの技術に基づいたIPベースの接続プロトコルです。これにより、IoT機器メーカーは自社製品にMatterの認証を受けることで、高い信頼性と安全性、相互の互換性を訴求することが可能になります。

参照元:NTT東日本

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA