NTTドコモ・ベンチャーズ、交通違反検知のデジタルツイン技術を持つHayden AI Technologiesへの出資を発表

  • URLをコピーしました!

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、街のデジタルツインを用いた交通取締ソリューションを提供するHayden AI Technologies, Incに出資を行いました。

Hayden社は、街中の交通違反を検知するデジタルツインソリューションを提供するスタートアップです。このソリューションは、市中を走行するバスにカメラを搭載し、交通違反の情報を関連機関に自動で送信します。

Hayden社が開発したカメラは、赤外線が遮断されやすいフロントガラス越しでも高精度な画像撮影が可能です。また、位置情報を誤差10cm以下の精度で記録することができます。

都市のCO2排出量増加や交通渋滞の原因となる交通違反を解消するためのデジタルツインの活用が注目されています。Hayden社は、この技術を活用して、ニューヨークやワシントンDCなどの大都市での交通違反の検出を行っています。

ドコモグループは、Hayden社の技術と実績を評価し、今後の事業シナジーを期待して出資を決定しました。

参照元:https://www.nttdocomo-v.com/news/fp990uoyqs/

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA