Verizon Business、GELSEN-NET・K-TELと手を組み、ドイツに新たなデジタルハブ「Ruhr」を設立

  • URLをコピーしました!

Verizon Businessは、GELSEN-NETおよびK-TELとの提携を発表し、ドイツ・Gelsenkirchenに位置する新しいイノベーションハブ「Digital Hub Ruhr」を立ち上げました。

このハブは、先進的な5G、エッジコンピューティング、そしてIoT(Internet of Things)ソリューションの展示および研究のための施設として機能します。

160平方メートルのこの施設は、最新の5G技術や光ファイバー、LoRaWANキャンパスネットワークを駆使した多岐にわたるユースケースを提供。特に、クラウド管理、スマートシティの取り組み、製造・物流、そして医療技術の分野での活用が期待されています。

Verizon Businessの5G推進担当シニアバイスプレジデント、Jennifer Artley氏は、「このハブは、5G技術がビジネスにどのような変革をもたらすかを、パートナーや顧客、そして新興企業や研究者たちに示すためのものです」とコメントしています。

このプロジェクトは、Verizon Businessのグローバルなイノベーションネットワークの一部として位置づけられており、5G技術の新しいアプリケーションを共同で開発するための取り組みをさらに推進するものとなります。

参照元:URL

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA