KDDI、NTT法の見直しに関する要望書を提出

  • URLをコピーしました!

KDDIは、日本の電気通信市場の将来に関する議論の重要性を認識しています。しかし、現在の議論の期間は短く、十分な議論が行われるかに懸念があります。

NTT法の廃止に関する議論が進行中であり、その廃止が実現されると、NTTおよびNTT東西の事業拡大や、NTTグループの一体化が進む可能性があります。これにより、公正な競争環境が損なわれる恐れがあると指摘しています。

また、NTT法の廃止により、NTTが公益的な責務を果たさなくなる可能性も懸念されています。特に、地域に根差した事業者が排除されると、地域サービスの衰退のリスクが高まるとの見解を示しています。

KDDIは、NTT法の廃止に反対の立場を取り、より慎重な政策議論を求めています。

参照元:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2023/10/19/7015.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA