5G SAを利用したクラウド型モビリティデバイスプラットフォームの開発および実証実験に成功

  • URLをコピーしました!

株式会社エムスクエア・ラボ、株式会社GClue、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科、株式会社ON BOARD、そしてNTTコミュニケーションズ株式会社は、5G SAを活用してクラウド型モビリティデバイスプラットフォームの開発と実証実験を成功させました。この実証実験は、2023年9月26日に新潟大学で行われました。

このプロジェクトは、非都市部での人口減少や高齢化が進む中、人の移動手段や物流の維持を目的として、モビリティデバイスの低コスト化と安全性の確保を目指しています。5G SAの高速通信を利用することで、モビリティデバイスが障害物を自動検出から1m以内の距離で自動停止できることが確認されました。

今後、関与する5つの企業や組織は、この技術をさらに進化させ、さまざまなユースケースに適用して、地域の社会的課題の解決に貢献していく予定です。

参照元URL: https://www.ntt.com/about-us/area-info/article/20231016.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA