NTTとNEC、データセンタエクスチェンジの実現に向けAPNを活用した光波長パス設定技術を確立し実証

  • URLをコピーしました!

日本電信電話株式会社(以下「NTT」)と日本電気株式会社(以下「NEC」)は、オンデマンドに光波長パスで接続し、分散されたデータセンタ間で大容量低遅延通信を行うデータセンタエクスチェンジ (DCX) サービスの実現に向けた技術を確立しました。

この技術により、熟練作業者が2~3時間以上かけて行っていた光波長パスの設計・設定を、自動化により数分で実施することが可能となりました。この成果は、NTTやNEC等がIOWNにて提唱しているDCXサービスの実現に大きく貢献します。

また、本開発実証結果に関しては、スコットランドで開催された光通信技術に関するヨーロッパ最大の国際会議で発表されました。

参照元:https://group.ntt/jp/newsrelease/2023/10/13/231013a.html

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA