EricssonとスペインのTelefónica、Open RANアーキテクチャを基盤としたCloud RANの進化に向けて協業

  • URLをコピーしました!

通信大手のEricssonとスペインのTelefónicaは、5Gネットワークの新機能とAPIを活用し、そのポテンシャルを最大限に引き出すための取り組みとして、Open RANアーキテクチャに基づくCloud RANの進化に関する協業を発表しました。

この協定により、O-RANの標準化インターフェースを採用したクラウドネイティブネットワークのメリットを、業界トップレベルのパフォーマンスとコスト効率で実現することが期待されています。
両社は、現行の5Gインフラを基礎として、RANの進化をさらに推進。ヨーロッパにおける試験展開を通じて、Cloud RAN技術の実験、導入、そしてその進化を共同で行う方針を明らかにしました。

参照元URL

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA