ソフトバンク、全世界の通信事業者の相互連携を目指してGSMA Open Gatewayに参画

  • URLをコピーしました!

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、通信事業者の業界団体「GSMA」が立ち上げた共通APIの構築に向けた「GSMA Open Gateway」に参画することを発表しました。この活動は、アプリケーション開発者に対して、全世界の携帯電話事業者ネットワークへの共通のアクセスを提供するAPIフレームワークを規定しています。

5Gにおいては、ネットワークと連携したAPIを活用した新サービスの展開が期待されています。APIの共通化により、アプリケーションサービスプロバイダーは国内外の通信事業者との互換性や接続性が向上し、サービスの拡大が容易になります。この活動を通じて、通信事業者とアプリケーションサービスプロバイダーとの新たなパートナーシップの機会が増え、業界全体の成長が促進されることが期待されています。

ソフトバンクは、共通APIの構築を通じて、5Gのさらなる発展と新しいサービスの提供に取り組む方針です。

参照元URL

掲載している情報は記事公開時点のものです。サービスの内容変更などにより、情報が最新ではなくなっている場合があります。予めご了承ください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このニュースにコメントする

コメントする

CAPTCHA